ホームテントを選ぼう > テントの基本知識

人数や用途にあったテントを選ぶために、まずはテントの基本構造や種類をみてみましょう。

シングルウォール?ダブルウォール?

テント選びの重要なポイントとなる構造について、シングルウォールダブルウォールか、の解説をします。 ウォールとは壁の意味で、テントを1枚の壁で作るか、2枚の壁で作るかの違いになります。


kiso01.jpg(115414 byte)

テントに馴染みがないと、テントは1枚の布でできていると思っている方が多いのではないでしょうか。わたしもそうでした。 そのようなテントは、シングルウォールテントと呼びます。

シングルウォールの場合は、布1枚だけで出来ているので、軽量・コンパクトに持ち運びが可能で、設営の手間が省けますが、 保温性が低いので寒い時期の使用は厳しかったり、通気性が悪く中が蒸れたり、結露が起こりやすいと言ったデメリットがあり、快適性が劣ります。

一方、ダブルウォールテントは、インナーテントフライシートと呼ばれる2枚の布からできています。上の写真のテントもダブルウォール式です。 現在では多くのテントがこのダブルウォール式を取っていますが、それはやはりこの構造のほうが快適に過ごせるからになりません。


kiso02.jpg(194532 byte)

ダブルウォールの場合は、まずインナーテントと呼ばれるメッシュを多用したテントを建てます(上の写真)。 この部分だけでも、通気性の良い蚊帳のような空間として使用できます。 しかしこのままでは、外から丸見えで着替えもできないし、雨風も凌げません。 そこでインナーテントの上にフライシート(レインフライ)と呼ばれるもう1枚の布を被せて完成です。

外側のフライシートには、ベンチレータと呼ばれる換気弁があるため、雨天や閉めきった状態でも、内側の蒸れを防ぎ、結露も少なくて済みます。 また、ダブルウォールテントではで入口部分をタープに出来たり、小さな前室が出来たりするので、雨天でも出入りが楽、靴が濡れにくいなどのメリットがあります。

ただし、布が1枚多くなる分、収納がかさばったり、設営の手間が増えるのが、ダブルウォールテントのデメリットです。

シングルウォールテントに比べ、ダブルウォールテントの方が何かと快適に過ごせる構造となっているので、 どうしても荷物をコンパクトにしたい等の事情がなければ、テントはダブルウォール型を選ぶほうが失敗がないでしょう。


テントの種類

次にテントの種類をみてみましょう。キャンプスタイルによって、テントの向き不向きがありますので、 まずは自分のスタイルに合ったテントの型を絞り込んでからテント探しをすると、効率よくテント選びができます。

ドーム型テント

dome.jpg(19558 byte)

その名のとおり球体を半分に割って地面に被せたような形のテントを、ドーム型テントと言います。

ドーム型テントは基本的に、2本のポールをクロスさせて作る骨組みによって、テントを持ち上げ居住空間を作っています。 そのため、居住性が高く、設営もシンプルでわかりやすいのがメリットです。

ドーム型テントは定番中の定番で、各メーカーがこぞって取扱っているので、ラインナップも豊富で、低価格のものも多く販売されています。 雨天時の出入りも助かるタープ付のものや、荷物置き場に使える小さな前室を備えたものなど、機能的なデザインのものも多く、 少人数(1〜3人程度)でキャンプに行こうという初心者の方には、特におすすめのテント型です。

なお、折り畳み傘を開くようにして設営できるワンタッチテントも、構造的にはドーム型に分類されます。

ドーム型テントではダブルウォールシングルウォールともにラインナップされていますので、 購入時しようとするテントが、どちらの構造なのかを、しっかり確認する要があります。


↑ページの先頭に戻る↑

ツールーム型テント(ロッジテント)

tworoom.jpg(11961 byte)

ツールーム型テントは、ドーム型テントとスクリーンタープを連結させ、2部屋続きにしたような形のものを言います。

寝室とリビングスペースがつながっているので、雨天時にも快適に過ごすことができ、 5~10人用等の大きなサイズも展開されているので、ファミリーキャンプやグループキャンプにおすすめです。

基本的にはドーム型テントと同じように、ポールを使って骨組みをしますが、使う本数や長さ、 組み立ての複雑さはドームテントの比ではなく、1人での設営はかなり苦労します。 初心者にはちょっとハードルが高いテントではありますが、設営はとにかく経験を積んで慣れていくしかありません。

ツールーム型テントはほぼダブルウォールしかないと思って間違いありませんが、 念のためシングルウォールでないことも確認すると確実です。


↑ページの先頭に戻る↑

ワンポール型テント(モノポールテント、ティピーテント)

tepee.gif(28766 byte)

ワンポール型テントはその名のとおり、ポール1本だけで設営ができるテントです。

四角柱や六角柱、限りなく円錐形に近い多角柱など、多少のバリエーションはありますが、 建てた姿を横から見ると、三角形に見えるという大きな特徴は変わりません。

わたしが子供の頃は、テントの絵を描けば誰もがこの三角形を描いたものでしたが、今の子供たちはどうなんでしょうか。 ここ数年、またワンポール型テントの人気が高まっていて、キャンプ場でもよく見かけるようになりました。今の子供たちも、この三角形のテントの絵を 描く子がいるかもしれませんね。

ポールを1本しか使わない性質上、収納はとてもコンパクトに出来、設営も比較的簡単にできます。 ただし、テントの真ん中にポールが立つため、複数人で寝る場合には、シュラフのレイアウトに工夫が必要になります。 また、テントの真ん中付近は高さに余裕がありますが、端に向かうにつれ、高さがなくなり圧迫感が出ます。


↑ページの先頭に戻る↑

popup.jpg(15380 byte)

最近では、とても簡単でスピーディーに設営ができるテントも増えてきています。 それらのテントは、ワンタッチテントや、ポップアップテントと呼ばれていますが、この2つは構造に大きな違いがあります。

ワンタッチテントは折り畳み傘を開くように設営するもので、自分でポールを組む必要はありませんが、 構造的にはドームテントと同じように、2本のポールをクロスさせて建てる構造をしています。

一方、ポップアップテントは弾力性のあるワイヤー状の骨組みで構成されていて、その反発力で一気に開くタイプのものを言います。 設営はそれこそあっという間。平たい円状に畳まれたポップアップテントを、空中に向けて放り投げるだけで、ぽんっと開いてテントの姿になります。

ポップアップテントサンシェードテントビーチテントとも呼ばれ、海や公園などで日影が欲しい時や、着替え、 荷物置き場として使う簡易的なものが主流で、こちらは本格的なキャンプには不向きだったのですが、最近では、 インナーテントフライシートが一体型となった、本格キャンプにも使用できるしっかりしたタイプのポップアップテントも 出ていて、キャンプ初心者の方の人気を集めています。

ポップアップテントの購入を検討されている方は、簡易タイプのものを選ばないようご注意ください。


↑ページの先頭に戻る↑

ツェルト(ビバークテント)

zelt.jpg(6937 byte)

もともとは主に、山小屋やベースキャンプに辿り着けなかったときの、不慮のビバークに備えて、登山時に携帯するための小型軽量テントでした。 しかし、軽量コンパクトに持ち運べるうえ、雨や寒いときにかぶったりと、ポンチョがわりにもなり、緊急事態に何かと役に立つため、 手軽なトレッキングやハイキングなどでも携帯する人が増えています。

ツェルトは、山登り用ストックやポール等を2本立て、その間にロープを通して張る構造のテントです。 ポールを使わず、木立にロープを張って吊るすこともできます。 緊急時用というだけでなく、携帯性の良さから、荷物を増やせないツーリングキャンパー達にも人気のテントです。

ツェルトはほぼ間違いなくシングルウォールとなっていますが、ツェルトの上に張るタープのようなレインシートが別売りされている製品もあります。


↑ページの先頭に戻る↑